遺伝で髪の毛は薄くなるのか?

よく親や祖父の髪が薄いと、遺伝的にハゲるなどといわれますよね。脱毛症の要因に遺伝は関係があるのでしょうか?遺伝というよりも薄毛になりやすい体質を、受け継ぐといった方がいいかもしれません。薄毛・抜け毛は生活習慣と密接に関係があります。ハゲている親と同じ生活習慣をしていれば、やはり薄毛になる発生率も高くなるでしょう。過食や間食をするような習慣があったり、栄養バランスがかたよった食生活をしている。または、睡眠時間がバラバラだったりといった習慣をしていると、髪は薄くなるやすくなるといえるでしょう。遺伝で髪が薄くなるというわけではなく、不規則な環境などを受けるようになってしまうことが大きく影響するといえるでしょう。育毛ケアをやる場合、とくに気をつけてほしいことは頭皮のバリアを壊してしまうことなんです。頭皮のマッサージをやりすぎて髪の育成に重要な頭皮の細胞を壊してしまうと、頭皮は硬く弾力がなくなってしまいます。健全な頭皮というのは青白い色をしていて、とても柔らかいです。薄毛の人は頭皮が突っ張っていて硬く、赤い色をしています。頭皮が硬くなってしまうと血行も滞るため、ハゲの前兆でもありますので、用心してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です